「家庭教師」という選択。



今後、僕は「家庭教師」が主流になっていくと思っています。




それは、「いちいち塾や予備校に向かうよりも、自宅で勉強した方が早い」と考える方が増えていくと思っているからです。


「N高校」というものが最近出来ましたが、「自宅で映像授業を受けて単位をとり、卒業する」というあのシステムが、どんどんとメジャーになっていきます。


学校がそのようになるのですから、塾や予備校は、どんどんと不況になっていくと思っています。




「一つの場所に、決められた時間に行く」というのは、もはや教育業界では「ひと昔」と言われるようになりつつあるのです。




そうやってリクルートのスタディサプリや進研ゼミのエンカレッジのように、映像授業・教材が充実してきているこの世の中で、僕が「家庭教師」という選択を提示する訳は、「自分ではモチベーションが保てず勉強が出来ない」という方のためです。




独りで自宅や図書館にこもって参考書で勉強をするよりも、「人を感じる」ことで毎日の勉強にメリハリがつき、集中して勉強ができる方は大勢いらっしゃるのです。


また、「あまりにも勉強をやってこなくて、もはや何がわからないのかわからない」という方にも家庭教師はオススメ致します。


そのような方は、苦手な科目を参考書や映像授業を受けることはまずしません。なぜなら苦手であるため、嫌いだからです。彼らにとって、映像授業を受けることと、参考書を読むことととは、苦痛であり、あまり違いはありません。


塾や個別指導塾に行っても、その生徒個人へ向けた授業はしておらず、休み時間などで先生に質問をすることになります。


そのため、塾に行っても成績が上がらない生徒もいらっしゃいます。


「塾に預けているから・・・」と「不安を解消するためにお金を払っている」というご家庭がとても多いです。




僕の家庭教師には、「教材費」はかかりません。つまり、先に教材を購入して頂き、「首輪」のように、「一度申し込んだら辞めにくくする」というような状態にはなりません。




二回までの体験授業だけでもぜひお申し込み下さい^ ^

0コメント

  • 1000 / 1000