僕はスマホやパソコンを使用しながら授業をします。

「授業中は携帯の電源を切ってカバンの中に閉まっておきなさい」と生徒に指導するのは、もはや昔の話になりつつあります。


それは、昔は携帯電話はメールしか主な使用用途がなかったからです。


しかしスマートフォンが現れた現在、そのような指示はむしろ生徒のためにならないのです。


スマートフォンは、言わば、「小さなパソコン」。


少し疑問に思ったことがあれば、すぐに調べることができます。

これを活用しない手はありません。



「モナリザ」の絵も、「月の満ち欠けの様子」も「Instagramで公開された、最新技術によってカラー化された第2次世界大戦中の写真」も、片手の中で見ることができます。


僕はそれらを授業中にスマホで生徒に見せ、今教えている勉強の話題へとつなげます。



しかし、学校や他の塾や家庭教師では、それはできません。


「授業中に携帯をいじるのは、集中していない」ということになるからです。


だから、今でも高校生はわざわざ先生に頼んで職員室で調べてもらったり、学校のパソコン室まで行って調べたり、学校が終わって家に帰るまで待たなければいけません。


僕の授業は、スマホだけではなくパソコンを常に開き、何か生徒が疑問に思ったことがあればすぐにその場で調べさせます。


その方が強烈に印象に残るからです。


僕は学校や塾も、「授業中はスマホを机の上に出して、もし何か疑問に思ったことがあればすぐに調べなさい」という方が良いと思っています。


「そんなことをしたら隠れてLINEやゲームをしだす子が現れるんじゃないか」と心配される方がいますが、大丈夫です。


「LINEやゲームをやってもいいけど、それで授業を聞かずにわからないことがあっても自分で全て責任をとるように」と言えばよいのです。そして授業をそうやってサボる生徒は本当に放っておけばいいんです。


そもそも、「授業中にスマホをいじる」のは、先生の話が面白くないからだとも僕は思っています。


僕の教え子に、僕はいつも「スマホを持ってきてそれを隣に置いて授業を受けて」と言っていますが、僕の話をそっちのけにしてスマホをいじるなんてことはこれまで一度もしたことがありません。


スマホよりも僕の話の方が楽しいからです。


知的好奇心を刺激し、思った疑問を秒速で解決するために、スマートフォンを使用しながら授業を受けるスタイルは、あと少しで常識となるはずです。



(そして、「一本の映画」のように綺麗で鮮やかな解説をする講師よりも、「ここを理解するにはこのサイトのこの記事が面白い」と、インターネットのサイトのある記事を瞬時に生徒たちにその場で示し、それを元に授業を行っていく、というスタイルの講師が人気となっていくはずです。)

0コメント

  • 1000 / 1000