Googleカレンダーの使用をオススメします。



僕は大学時代はもっぱら紙の手帳を使っていました。




受験生の時からずっと、紙の手帳を使うことにこだわりがあったのですが、今年の6月頃からは、もう完全にGoogleカレンダーのみを使用しています。




Googleカレンダーを使う利点として、幾つかあります。






①いつでも、どこでも書き込める。


僕は日記のように「その日にやったこと」を予定帳に書き込むので、いつでもどこでも思ったときにすぐに自分のiPhoneからカレンダーに書き込め、さらにはそれを、パソコンでも確認&編集ができるところです。



この手軽さに魅了され、もっぱらGoogleカレンダーしか使っていません。




②予定を共有できる


もう一つの理由は、家庭教師という僕の仕事柄も関係あります。


僕は生徒たちにGoogleのアカウントをとらせ、彼らのカレンダーと僕の授業の予定を共有させています。


こうすることで、僕がいつどこで授業をやっているのか彼らも把握でき、さらには次の授業の予定も確認できます。(また、Googleのアカウントをとり、それを共有する、という作業をさせることで、彼らに大人になったら必要なインターネットの使い方を身につけさせている意味もあります。)


これは生徒と僕との関係だけではなく、僕の友人たちとも僕はカレンダーで予定を共有しています。


(ちなみに、相手のアドレスも知れるわけですから、必要な書類や参考となる画像などのやり取りもすることができます)




③通知がくる


Googleカレンダーの予定には、「通知」という機能があり、予定の日が近づくと、iPhoneのロック画面に、「予定日の◯日前」と表示されます。


これはとてもありがたく、紙の手帳には絶対にない機能です。




もちろん、その通知くる日付は自分で幾つも設定できます。


忘れっぽい人は、何度も通知を表示させるようにさせることができるのです。






④アップデートをして更に最強に。

先ほど最新版をアップデートしましたが、それで更に使いやすくなりました。僕が紙の手帳を買う際にこだわっていたことがあります。それは、「一月分の予定が一望できるもの」ということです。こんな感じです。




僕はこのページに予定を書き込み、「これから先、何があるのか」を常に意識し続けられるようにしてきました。しかし、つい最近のアップデートで、Googleカレンダーでも同じように表示させることができるようになりました。







もちろん、この表示は変更することができ、1週間、3日、1日 の表示にそれぞれすることができます。



僕はもうおそらく紙の手帳は使うことはないでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000