『徒然草』 第九二段

「ある人、弓射ること習ふに」


 ある人が、弓を射ることを習う際に、2本の矢を持って的に向かう。すると師が言うには、「習い始めの人は、2本の矢を持ってはいけない。2本目の矢を当てにして、最初の矢をいい加減にしてしまう心が起こるからだ。毎回成功失敗を考えずに、この1本の矢で的に当てようと思え。」と言う。たった2本の矢で、師の前でその1本をおろそかにしようと思うだろうか、いや、思わないはずだ。怠けおこたる心は、自分では気づかなくても、師にはこれがわかる。この戒めは、全てのことに通じることであろう。
 仏道の修行をする人は、夕方には翌朝があると思い、朝には夕方があると思って、繰り返し丁寧に修行しようと思う。ましてや、一瞬のうちに、怠けおこたる心に気づくことがあるだろうか、いや気づかないはずだ。どうして人間は全ての一瞬において、すぐに実行に移すことがとても難しいのだろうか。

0コメント

  • 1000 / 1000