代ゼミの早大古文のテキストの言葉。全ての受験生へ。


年末の大掃除をしていて、持っているものの半分以上を断捨離しました。


その中には、浪人中に使っていた予備校のテキストなどもありました。

代ゼミの先生方は、どの先生も本当に熱く、そして優しく、親身に相談に乗って下さった先生方ばかりでした。

代ゼミの先生方から受けた影響というものは本当に大きく、僕が「教育者になろう」と思った根幹を成しているとも言えます。


お世話になった代ゼミの先生の中でも、古文の先生に、元井太郎(もといたろう)先生という方がいらっしゃいました。

宅浪をして東大にいかれた先生で、「頭の働かせ方」を鍛えて下さった先生でした。

その先生がいつも授業中におっしゃっていた「入試への心構えと受験勉強の仕方」が、そのまま古文のテキストの冒頭に記載されており、これは今だからこそ、全ての受験生に読んでほしいなと思いました。

早大、と書かれていますが、その部分は、各自の志望校やセンター試験に置き換えても良いと思っています。



0コメント

  • 1000 / 1000