生徒と保護者様への手紙を書き終えました。と、朝早く起きる方法。




就活のため、英語の勉強が必要になった美大生の友人に英語の授業を行い、
YouTubeに「受験まで何をするべきか」についての動画をアップし、その後は塾にて推薦を受ける中学生たちの教え子の課題作文や自己PRの指導を行い、帰宅後は静岡在住の教え子とその保護者様に向けた手紙を書いて、今やっと一息つきました。
(YouTubeの動画は以下となります。)


授業を受けているのは、生徒自身ですが、保護者様へ向けた手紙も、しっかりと僕は書きます。


昨年からこの家庭教師の仕事を始めてからというもの、契約をして頂いた生徒様にも、また保護者様にも、「手紙を書く」という行為は続けてきました。


真心を込めた対応をすることが、僕の がこの家庭教師事業を始める際に自分に誓ったことだからです。


手紙を書く、というのは、これからも続けていこうと思っています。




さて、もう1時ですが、明日は5時半からの授業です。


いよいよセンター試験まで、一週間を切りました。

試験を受ける多くの方は、朝型に現在生活を切り替えている最中かと思います。


そんな皆さんに一つアドバイスを。


朝の寝起きが辛いという方は、ぜひ、「温かく」して寝てみて下さい。


というのも、寝ている間に人は体温が下がるため、半袖や薄い生地のパジャマなどで寝てしまうと、余計体温が下がり、寝起きが辛くなってしまうからです。


長袖や温かい生地の服を着て寝てみて下さい^ ^


部屋にエアコンがある方は、寝起き30分前からエアコンのタイマーをONにしておくと良いかもしれません。



また、机の上をすぐに勉強や作業が開始できる状態にしておくと、精神的なハードルが下がり、「起きてがんばろ!」という気になります。




さて、いよいよ試験本番の期間がやって参ります。


「受かろう」とか「落ちたらどうしよう」とか「良い点数をとってやろう」などと、変に自分にプレッシャーをかけるのではなく、「後悔しないためにはどうすれば良いだろう」という視点で過ごしてみて下さい。


あと一歩を、踏ん張れるようになります。




応援しております。








色々と悩んでいる方は、僕と共に早朝に起き、すぐに勉強を開始しましょう。





0コメント

  • 1000 / 1000