センター試験を受ける人へ。一応伝えておきたい注意事項など。


いよいよ、明日は迫るセンター試験ですが、ここで気合いの入った激励文を・・・と言いたいところですが、それよりもはるかに大切な「事務的な」お話を一応しておきたいと思います。


①受験票は、忘れても大丈夫。


明日のセンター試験を受ける上で大切なのは、受験票ですが、もし忘れてしまったとしても大丈夫です。
受付で受験票を忘れたことを伝えたら、本人確認をした後に、仮受験票というものが渡されそれで受験をすることになります。
その間に係の方が自宅の皆さんの保護者の方に電話をかけ、届けるように伝えたりします。
つまり、「忘れたら忘れたなりの対処をしてくれる」ということです。
だから万が一忘れたとしても全く問題はありません。
途中で気がついて家に戻ったりするのはやめましょう。試験時間に間に合わなくなります。


②筆記用具も忘れても大丈夫。


筆記用具も忘れても大丈夫です。係の人に言えば、貸してくれます。



③腕時計は忘れたらやばいかも。


これは聞いたことがないのですが、腕時計は忘れない方がいいかもしれません。
センター試験は、近隣の大学の校舎を会場として使いますが、その大学の教室に時計がついていない場合もあるからです。
腕時計は忘れないようにしましょう。
しかし、究極忘れてしまった場合は、係の人に言ってみてください。何か対処をしてくれるかもしれません。

(ちなみに、これはあまりやらない方が良いと思うのですが、センター試験の会場にはみんな腕時計を持ってきて机の上に置いているので、右か左斜め前の人が机の上に置いている腕時計の秒針くらいはうっすらと確認できるかもしれません。
それで時間を確認するというのも、究極の方法ですが、カンニングだと思われてしまう可能性が大なのでやはりおすすめはしません。
腕時計ではなく、置き時計みたいな巨大な時計を試験会場に持ち込んでくる人も過去僕が受験の時にはいました。そのような人がいれば、いやでも視界に入ってくると思うのですが・・・)


④朝ごはんはいつも通りの食事をすること。


「入試の日は気合いを入れて、朝からごはんに味噌汁に魚にヨーグルトにサラダに果物に・・・・」という「がっつり」も良いですが、入試の日の朝ごはんは「いつも通り」を貫く方がいいと僕は思っています。
特に、胃腸が弱い人は、朝からお腹いっぱいにごはんを食べるとお腹が痛くなってしまいます。


⑤お昼ご飯はチョコレートとあたたかいお茶ぐらいでいいと思う。


僕はセンター試験の日は、お昼ご飯はチョコレートとバナナとあたたかいお茶にしました。
がっつり食べると眠くなってしまうので。




以上、思いつくままに注意事項みたいなものを書きました。


後悔のないように、今までの努力の積み重ねを遺憾なくぶつけてきましょう。







0コメント

  • 1000 / 1000